商標登録のマーク

商標登録されているものは商標登録のマークがつきます。マークをみれば一目瞭然ですね。 - 商標登録とは

アーカイブ

カテゴリー

商標登録とは

世の中にある、キャラクターや企業のロゴマークに(R)というマークがついているのを見たことがあるという方は多いと思います。
これは商標登録されているものという意味の「Registered Trademark(登録商標)」を意味しています。
商標登録とは、商品やサービスに使用するマークです。
商標マークいろいろ
商標マークにはこのほかにもいろいろと種類があります。
たとえば、TMというマークがあります。
このマークはTrade markのことで、「商標」という意味ですが、こちらは特許庁に登録されているとは限らないため、別の人が商標として登録た場合は、
自分がそのマークをつかえなくなってしまう合もあります。
そのようなことがないようにするには、きちんと特許庁に出願することで、その商標が登録され、(R)というマークを付けることができます。
このマークがついたキャラクターやロゴマークなどは、他人が勝手に使用することはできません。そのため、特許庁にこの出願をした人が独占使用権等の権利を有することになります。
権利侵害をしないためにも
最近はインターネットの普及で、多くの人がパソコンやスマートフォンからインターネットにアクセスできるようになりました。
そのため、インターネット上のキャラクターやロゴなどもたくさん登場しています。
他の人に真似されないようにしたいという方は、商標(自分で作ったキャラクター)を特許庁に出願し、登録しておけば、他の人は使うことができませんので、安心ですね。
どのようなものが商標登録されているかご存じでしょうか。
実は、商標登録されているのものやサービスは、私たちの身の回りにあふれています。
では、その例を挙げてみますね。
有名なロゴマークはほとんど商標登録済み
たとえば、SONYの「ウォークマン」。この「ウォークマン」という単語は商標登録されている言葉です。
そのため、SONY以外の会社が「ウォークマン」という言葉を使って新商品を発表することはできません。
他の企業は別の言葉で「ウォークマン」と説明する必要があるのです。
ほかにも、「宅急便」という言葉があります。
これはヤマト運輸しか使うことのできない言葉です。
運送会社はそのほかいろいろありますが、「宅急便」という言葉はヤマト運輸のことを指します。
ちなみに「ネコの宅急便」という映画は、ヤマト運輸がスポンサーとなっているため、使用が認められたようですよ。
商標登録は自社の製品を守る
そのほかにも、お菓子の名前や商品名などはほとんど商標登録されていると言っても過言ではありません。
他社に自社の製品を真似されないための手段とも言えますね。
言葉やフレーズ以外にも、キャラクターなどの絵(イラストやロゴマーク)なども、登録対象です。
一度登録されると、同じものは後登録することはできませんし、無断で使用することはできません。
このように、商標が登録されると商標権が発生します。この商標権は、国内で独占的に商標を使用できる権利で、更新申請をすることにより何度でも更新が可能です。
自分で作り上げたキャラクターなどがある場合は、登録してみるのもいいかもしれませんね。

更新情報